黒ひゲイ危機一髪!

煩悩是道場 - 自分たちの事を「マイノリティ」なんて言うのヤメなさいよッ!

黒ひゲイ危機一髪!(TOMY)

問題の商品はコレ↑ですか。

んー、レイザーラモンHGが本物のゲイかどうかはともかくとして、ゲイの認知度を上げた功績?ってのはあると思う。 で、件の団体には被差別者の被害妄想的な面が少しあるのかもしれないなあ、と思った。 まあ、それなりに苦労はしてるんだろうケド、自分で選んだイバラの道ぢゃあないのかい?

実は、セクシュアルマイノリティ教職員ネットワークの人達は、レイザーラモンHGのメディア露出を快く思っていなくて、「メジャーになんかなりたくない、あたし達はマイナーのままでいたいの♪」と願っているのかも? ナゼなら、団体名がマイノリティ・ネットワークだから。

そういえば昔、「同窓会」という同性愛(BL)をテーマにしたTVドラマがあったな。 古いか。

ところで、2006年元日の初エントリがハードゲイ・ネタってどういうことよ?

いいんぢゃないの。

  • 関連記事

S嬢のPC日記:子どもに見せちゃいけないの?

子供の頃、「そんなモノを見てはイケマセン!」と母親から言われたのは、当時の日曜午後に放送していた「超時空世紀オーガス」というアニメの、第31話「チルドレン」の回だった。
私はテレビを観ていて、母は隣で洗濯物をたたんでいた。
事件が起きたのは、「チルドレン」のタイトルに相応しい、主人公とヒロインによる子作りを行うシーンの描写がブラウン管に映し出された時だった。 驚いた母者は、「そんなモノを見てはイケマセン!」と怒ったんだ。
その時、私は、「こういうモノを観てはイケナイし、してもダメなんだな。」と、子供心に深く感じた。 その番組を観ていた自分自身を全否定されたような気がしたんだ。
母の怒号の言葉が、私の結婚観・恋愛観にマイナスの影響を与えていることを、母は知らない。