議論とアメリカ

理想論を語りすぎ。アメリカナイズされすぎ。
他人の不幸は蜜の味:日本人とブログと議論

理想を繰り返し云う「語り部」は必要ですよ。 「アメリカナイズ」は、まあその通りかもしれないけれど、議論好きなハズのアメリカでさえ、開戦前の言論封鎖や言葉以外の暴力(=原爆など)に頼ることがあって、かなり好戦的なムラビトに見えるのだから不思議です。 この辺の事情は、国レベルの集団心理とか恐怖とか、理想と正義と宗教がゴチャ混ぜになったとか色々あるのでしょうけど。
言葉だけでは解決できないことも確かにある。 が、暴力で決着をつけようゼ!ってのは、やはり違う。 「それは間違っているのではないか?」という疑問や懸念を忘れないようにしたい。 疑問を解消するための議論であり、相互理解のための対話なのだから。 ←コレも理想論ですね。